脱!鼻の黒ずみ 3つの原因と毛穴対策はこうだ

鼻の黒ずみ
化粧前に鏡を見ると鼻が黒くなっていてテンションが下がる・・・。

 

外出先でも鼻を見られると恥ずかしいから下を向いてしまう。

 

鼻が黒くイチゴ鼻になっていることで日々の生活がイヤになる・・・・。

 

どんなに頑張って洗顔や毛穴パックをしても改善しなくてイヤになっちゃいますよね。

 

今回は、そんな大嫌いな鼻の黒ずみの原因を3つのタイプに分けて解説していきます。

 

鼻の黒ずみの3つ原因

鼻の黒ずみが発生する原因は主に3つに分かれます。

 

自分の今の状況と照らし合わせてみましょう。

@メラニン色素が原因の黒ずみ

紫外線注意
メラニンってよくテレビや雑誌なんかでもよく耳にする言葉ですが
このメラニンは紫外線や肌摩擦で発生する黒ずみの原因となるものです。

 

少量のメラニンなら肌のターンオーバーで消えていくのですが
大量に発生してしまうと黒ずみの原因になってしまいます。

 

加齢、紫外線の浴びすぎ、肌への過度の刺激、ストレスなどで過剰に発生してしまいます。

 

このタイプの黒ずみが発生している人は鼻を触ってもザラザラとした感触が無い方が当てはまります。

 

A角栓詰まりが原因の黒ずみ

角栓
不要な皮脂や古くなった角栓が詰まってしまい酸化する事で黒ずみになっています。

 

乾燥や肌荒れなどで古い角質が表面に残りやすい時に角栓がたまりやすくなります。

 

角栓が詰まることで毛穴が広がりイチゴ鼻のようになります。

 

鼻を触ってザラザラとした感触がある場合はこのタイプです。

 

毛穴に角栓が詰まった状態はニキビも発生しやすくなります。

 

Bうぶ毛が目立つのが原因の黒ずみ

鼻
鼻自体の汚れや角栓・シミなどではなくうぶ毛が黒く見えてしまうタイプの黒ずみです。

 

鼻から生えている産毛が密集して黒く見えているのが原因です。

 

鼻を触ると毛の感触がある方がこのタイプです。

3つのタイプ別対処方法

@メラニンによる黒ずみ対策

 

メラニンによる黒ずみの場合は肌への余計な刺激を抑えたり紫外線を浴びないことが重要です。

 

日差しが強い日はもちろんのこと、日があまり出ていないときも肌に優しい日焼け止めクリームを塗ることが大事です。

 

日焼け止めクリームの効果は以下の通りです。
「SPF」の数値が高いと肌に赤みが出るまでの時間が長くなり
「PA」の+が多いほど、紫外線防止力が高くなります。

 

数値の高いものが絶対良いという事はないので注意してください。
数値が高いとそれだけ肌へのダメージも強くなります。

 

日焼け止めを塗った後はきちんと洗い流すようにしましょう。

 

洗顔時は、肌を叩いたり・こすったりはせず泡で汚れを優しくとるようにしましょう。
肌への余計な刺激はメラニンの生成につながってしまいます。

 

A角質詰まりによる黒ずみ対策

 

古くなった角質や皮脂が詰まることで角栓が詰まってしまいます。
なので、しっかりとした洗顔を実施することで対策をしていきます。

 

洗顔せっけんなどを泡立てて優しく顔を洗いましょう。
この時ゴシゴシと洗ってしまうと肌を傷つけてしまうので優しくなでるように洗いましょう。

 

せっけんやクレンジングを落すときはぬるま湯で落とすことで皮脂を取り除くことができます。
大体30〜32度あたりで油分が浮いてくるのでおススメです。

 

ただし、熱すぎるお湯は肌の潤いも落としてしまうのでNGです。

 

もし、洗っても黒ずみが取れない場合は皮膚が固くなってしまい汚れがうまく落とせない状態になっています。
専用の洗顔せっけんなどで肌をやわらげて落としやすくするものも出ているので使用をおすすめします。

 

私が以前、鼻の黒ずみで困っていた時に全然市販の洗顔フォームできれいにならなかったんですが
どろあわわを使うとクリアな鼻になりました。

 

それからは、たまにどろあわで洗顔すれば黒ずみも気にならなくなったのでおススメです。

 

使用前     使用後
どろあわわ,beforどろあわわ,after

 

どろあわわを実際に使ってみた

 

Bうぶ毛による原因の黒ずみ対策

 

『うぶ毛なら自分で抜ける』と自分で抜こうとするのはやめましょう。

 

無理やりうぶ毛を抜くと肌を傷つけてしまったり毛穴を開いてしまい
黒ずみやニキビなどを引き起こす逆効果になります。

 

皮膚科や美容外科などで脱毛などの処理をしてもらうのが安全です。